エボラ出血熱 急速に感染者数が拡大


最近メディアで騒がれているエボラ出血熱。

 

東アフリカのウガンダ西部キバレ地区で7月初旬に

エボラ出血熱が発生したと言うニュース!!

 

怖いですね!
このエボラウイルスに感染すると約半分は命を落とす
という恐ろしい伝染病です。

 

 

いつも本当にありがとうございます
ブログランキングに参加中です
↓ ポチッとしていただけると嬉しいです。

ナチュラルライフ ブログランキングへ

 

52988618 - woman doctor listen to heartbeating with stethoscope.

 

 

 

幸いにまだ日本では、確認されていないそうですが、
いつ発生するかわかりません。

 

エボラ出血熱は、エボラウイルスによる急性熱性疾患で、
オオコウモリが感染元ではないかと言われています。

 

 

エボラウイルスは糸のような細い繊維状の形をしたウイルスで、
大きさは、さまざまですが、インフルエンザウイルスの
直径のおよそ10倍の大きさだそうです。

 

 

先ほどの、テレビの報道によりますと、これまでに2000人
が発症し、うち1000人が死亡したと発表されていました。

 

 

エボラウイルスに感染すると症状は、
2~21日(通常は7~10日)の潜伏期の後、発熱、頭痛、筋肉痛、

のどの痛みをおこします。

 
それに続いて激しい内臓出血や嘔吐、下痢などの症状が現れ、
やがて目、鼻、耳などから出血し、皮膚から体液が染み出し、
痛みを伴う水泡ができます。

 

エボラ出血熱は、エボラウイルスによる全身性感染症です。
一度感染するとその致死率は驚くほど高く、
恐ろしいことに、4日から14日後には発症者の80%から
90%が死に至るとまで言われています。

 

 

その上、エボラ出血熱感染症に対して有効かつ直接的な
治療法は、現在的確な治療法がないようです。

 

 

感染者、全員が助かる良いワクチンや薬はないものでしょうか?

いずれにしても、

エボラ出血熱・日本に上陸しないことを祈るだけですね!

 
 
 
1日1回あなたの応援クリックが
更新の活力源です。

ナチュラルライフ ブログランキングへ
 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ