生活、暮らし、健康、ショッピング、

暮らしを楽しく・豊かな生活を送るには。

「たまねぎ氷」体にいい! 作り方簡単!

 

s-IMGP2669

あなたは、「たまねぎ氷」を知っていますか?

私は、「たまねぎ氷」作り始めてもう1年以上なります。

 

おかげで至って元気です!

 

ご近所の方の病院通いを、横目で見ながら
趣味のガーデニングにいそしんでいます。

 

 

以前160以上あった血圧も「たまねぎ氷」を始めて
130代に収まっています。

 

「たまねぎ氷」には、
血栓を予防し、血液をさらさらにしたり、
高血圧を予防したり代謝を上げる効果、
疲労回復や不眠にも効き、
糖尿病を予防したり改善する働きがあると言われています。

 

それは、
タマネギに含まれる成分が、有害な活性酸素を防いで
血管を守り、血液中のインスリン作用を高め、
糖の代謝を活発にして血糖値を下げるのだそうです。

 

タマネギの有効成分は、加熱しても
破壊することなく効果を維持します。

 

そして、タマネギの辛味成分は加熱すると甘みに変わります。
加熱することで、よりおいしく食べることができるのです。

 

我が家では、ほとんどの料理に、コロン・コロンと
「タマネギ氷」を投げ込みます。

 

ひょっとして「玉ねぎ臭くないか?」っと、思っていませんか?
「いいえ!  全然玉ねぎの味はしません!」

 

だから玉ねぎ「大嫌い!」の人にも安心です。
どんな料理の味も壊すことなく、美味しく戴けます。

 

糖尿病を予防・改善するには、タマネギを1日50g
を摂取すると効果的と言われています。

 

製氷皿で凍らせた「タマネギ氷」が、たった2個で、
1日に必要な50gを摂取することができてしまうのです。

 

こんな、「いいことずくめ」の「タマネギ氷」を
利用しない手はありません。

 

病気は、何が原因で起こるかわかりません。

 

やはり一家の健康を預かる主婦としては、
「タマネギ氷」が、心強い味方となること請け合いです。

 

「たまねぎ氷」は、料理研究家で管理栄養士の
村上祥子さんが提唱されている調理法です。

 

【タマネギ氷の作り方】

 

「材料」  たまねぎ 4~5個(正味 1kg相当)

 

「用意するもの」  製氷皿2~3枚分 ミキサー

 

「作り方」
1.たまねぎは皮をむいて上側は切り、根はくりぬいて切り落とします。

 

2.それをポリ袋に入れ、口は閉じずに耐熱皿にのせ、電子レンジ
600Wで20分加熱します。。
袋の口を閉じると、破裂するので注意して下さい。

 

3.加熱後、ポリ袋にたまった汁ごと、ミキサーに入れます。

 

4.水1カップ(200cc)を加え、とろとろになるまで回す。

 

5、「たまねぎ氷」の出来上がりです。
→冷蔵すれば、10日間は保存できます。

 

6.その後、冷凍して保存します。
冷めたら製氷皿に流し入れ、ラップかふたをかぶせて冷凍します。

 

7.凍ったら、製氷皿から取り出してジッパー付きの保存袋などに

入れ、冷凍庫で保存する。
→冷凍で約2か月保存できます。

 

s-IMGP2669

s-IMGP2671

s-IMGP2770

 

「使い方・食べ方」
1.みそ汁に
2.煮物に
3.炒め物に
4. 調味料代わりに

 

「まだまだあるタマネギ氷の効能」
・冷え症予防
・肥満予防・解消
・糖尿病予防
・便秘解消
・美肌効果
・疲労回復
・抗ストレス
・骨粗しょう症予防
・高血圧を予防
・血液をサラサラ
・代謝を上げる効果
・血栓を予防

 

簡単に作れて、体にいいこと た~くさん!

いいことずくめの「タマネギ氷」はとても便利です。

あなたも、「タマネギ氷」の力を試してみませんか?

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: