生活、暮らし、健康、ショッピング、

暮らしを楽しく・豊かな生活を送るには。

簡単美味しい塩麹の作り方

 

s-IMGP0890

ひと時、大ブームだった塩麹ですが、

最近では少し落ち着いてきました。

 

が、体にいいので、ずっと続けている

人は多いと思います。
私も、愛用している中の一人です。
作り始めて、もう2年位なりますが、

体調はいたっていいです。


ご近所の、同年代の方は、週に何度も病院通いですが、
私は、ここ何年も病院は行っていません。

(あ!、そうそう、寝違いで首が痛くて接骨院に行きましたが・・・)

 

以前、塩麹を始める前、高血圧の疑いで検査を受けましたが、
塩麹の効果かわかりませんが、その後、平常の診断を戴きました。

 

(我が家では、「塩麹」のほかに、「玉ねぎ氷」も
常時使用しているので、「玉ねぎ氷」の効果かも知れません。
「玉ねぎ氷」はこの次にお教えしますね!)
麹の話ですが、
麹には腸内細菌のバランスを整える働きが
あるとい言われています。
その為、免疫力のアップや便秘解消、美肌効果などがあります。

 

中でも塩麹は、体にもいいばかりでなく、調味料として、
漬ける ・塗る ・味付け ・ ドレッシングと、どんな料理にも使えます。
まさに魔法の万能天然調味料です。

 

我が家では、塩の変わりとして、何にでも使います。

そして、塩麹は添加物を一切使わないので、体にいい事は
容易に想像出来ると思います。
そんな、「美容によし」「健康よし」の、嬉しい「万能天然
調味料・塩麹」が、実は自宅で簡単に作ることができるのです。

 

私も、一家の健康を預かる主婦として、2年前このニュースを見た時、
「これは、作るきゃない!!」
と、作り始めて2年、今でも欠かさず作り続けています。

 

お陰で、家族全員風邪一つひくこもと無く
毎日元気に暮らしています。

 

作り方は、至って簡単!!
私は、1時間もかからず作ってしまいます。
あなたも、ぜひ作ってみて下さい。

このレシピは、簡単美味しい我が家の塩麹です。

 

我が家の米麹の作り方
【材料】
生米麹・・・400g
塩  ・・・120g
水  ・・・600cc

 

夏場など、時期的に生麹が手に入らない時は乾燥した
米麹を使います。
作り方は同じですが、その場合は1割ほど塩を増やし、
水をひたひたまで注ぎます。
【作り方】

1.まず、材料を準備して、タッパーに生糀と塩を入れて、全体を手で
よくすりこんで混ぜます。

 

2.ゴシゴシとしっかりもみこんだら、しっとりしてきます。
次に分量の水を注ぎよく混ぜます。

 

3.軽くラップをかけ1日たって、水分が少なければ、ひたひたに

なるまで追加します。(ただし、水を足すのはこの時だけ)

 

4.常温のまま1日に1回混ぜます。(私は、2回位混ぜます)

 

5.発酵途中の1週間から10日は毎日かき混ぜて空気を入れます。

 

6.とろみが軽くつけば出来上がりです。
夏場は常温は、大体2~3日で、とろみがつきます。

 

7.保存容器に移し冷蔵庫へ。(使用する時、時々かき混ぜる)
使いやすい大きさの瓶・市販の瓶や、コーヒーの空き瓶に移し

替えて、冷蔵庫に入れます。大体2瓶位出来ます。

 

s-IMGP0890

s-IMGP0894

 

◯ 冷蔵庫に入れた後6ヶ月位は、保存できますが長くなると
少し酸味が感じられます。
保管中も時々、上下によくかき混ぜます。

 

【塩麹の効能】

1.便秘解消
2.美肌効果
3.老化予防
4.疲労回復
5.ストレス軽減

 

食べ物が微生物の働きによって分解されて変化するのが
発酵です。
発酵することで、乳酸菌などで善玉菌が増えて便秘にも
効果があります。

 

便秘が解消すれば、腸内環境が整い美肌も期待できます。
その上、美味しさや栄養が増して来るという
絶好の万能自然調味料です。

 

市販でも、購入することは出来ます。
しかし手作りすると、防腐剤などを使用しないので安心して使えます。

 

【料理方法】
和洋中どんな料理にも合い、肉や魚や野菜の食材にも使える
魔法のような万能調味料です。
塩麹は、食材に含まれるデンプンやタンパク質を分解して旨味や
甘味が加わりますので、食品を美味しくしたり、肉を漬けると
軟らかくなったりします。
魚にまぶして焼くと綺麗な照りや焼き色を付けることができます。

我が家では、主に塩の代わりに使います。
鮭にまぶして焼くのは定番です。
野菜炒めや、豚肉のねぎ塩などにも、塩麹だけで味付けします。

 

出し巻き卵にも、よく使いますが本当に卵がふっくら焼きあがります。

これまでのお料理がワンランクアップしますよ!

 

鶏肉の唐揚げにもよく使います。柔らかく ジューシーに揚がります
その場合、半日か一晩点けておくといいですね。

 

【失敗談】
ただ1つ、私の経験では、天ぷらにすると美味しく上がりません。
どうしてか解らないのですが、ベタ!っとして、
全然美味しく出来ませんでした。

腕が悪いのか、塩麹が原因か、とにかく天ぷらが、まずいのです!
それ以来、天ぷらには不向き・・・という私の判断です。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: