生活、暮らし、健康、ショッピング、

暮らしを楽しく・豊かな生活を送るには。

「中秋の名月」とは、3月見とは、 調べてみた。

 

s-higan2

9月27日(日)は中秋の名月(十五夜)。

 

 

一年で一番月が美しい

日です!

 

 

澄み切った空に、ぽっかりと浮かぶ月。
ススキの穂に月見だんご。

 

忘れていた、子供の頃の懐かしい光景が

目に浮かびます。

 

 

人気ブログランキングに登録しています。
応援クリック宜しくお願いします


生活・文化 ブログランキングへ

 

 

s-higan

 

 

 

”十五夜お月さん 御機嫌(ごきげん)さん
婆(ばあ)やは お暇(いとま)とりました。”

 

 

子供の頃、誰もが口ずさんだ懐かしい歌「十五夜お月さん」

その頃に見た月は、今よりずっと綺麗でした。

 

純粋に、月には兎がいて餅つきをしていると、信じていたものです。

 

 

すっかり忘れていた「十五夜お月さん・中秋の名月」。

ふっ!と思い出して、調べてみました。

 

 

 

ずっと昔・平安時代のお月見は直接お月さまを見るのではなく、
舟に乗って水面にゆれるお月さまを楽しんだり、
池や杯にお月さまをうつして楽しんだと何かで読みました。

 

 

テレビもビデオもない時は、こうして風流な静かな時間を
過ごしていたのですね!

 

 

そして、時代変わって・・・

便利で近代的な社会となり、目まぐるしい世の中になりました。

形は変われど、今なおこの風習が行われているとしたら、
とても貴重な、しかも贅沢な過ごし方ではないかと私は思います。

 

 

ところで「中秋の名月」とは、どういう月かご存知ですか?
「中秋」とは、旧暦8月15日のことを言います。
これは旧暦では、7月~9月を「秋」といいますが、
その真中が「旧暦8月」になります。
それを「真ん中の秋」つまり「中秋」といいます。

 

 

「中秋の名月」とは、「名月(満月)」のことを意味しますので、

月が新月から、満月になるまでのには約15日かかるので、
「旧暦8月15日」が「中秋の名月」になったといわれています。
旧暦8月15日の月を「中秋の名月」「十五夜」「芋名月」と呼ばれます。

 

 

 

お月見は、日本では、旧暦8月15日だけでなく、
旧暦9月13日にも月見をする習慣があります。(それが後の月です)

 

 

旧暦9月13日の月見は、「後の月」「十三夜」「栗名月」と呼ばれています。

(中秋の名月の次の満月)

 

 

この時期は、穀物の収穫の時期で、神様に感謝の気持ちを捧げるために
この日には月見だんごの他に栗や里芋・枝豆をお供えをしていたと
言われています。
地域によっては、いろいろな収穫をお祝いする行事をする所もあります。

 

 

 

中秋の名月(十五夜)から約1か月後に巡ってくる十三夜のお月見を
昔から大切にしていて、十五夜または十三夜のどちらか一方しか
観ないことを「片見月」「片月見」と呼び、縁起が悪い

こととしていました。

 

 

そして

「中秋の名月」は、旧暦なので年によって変わってきます。

 

 

今年は、9月27日(旧8月15日)が中秋の名月
10月25日(旧9月13日)が後の月です

 

 

【中秋名月】
年 代  前の月(旧8月15日)   後の月(旧9月13日)
2013年     9月19日     10月17日
2014年     9月8日      10月6日
2015年      9月27日     10月25日
2016年     9月15日     10月13日
2017年     10月4日     11月1日
2018年     9月24日     10月21日
2019年     9月13日     10月11日
2020年     10月1日     10月29日

 

 

今年・2015年の9月の満月は、スーパームーンといわれ、
月が地球に最も近づく日で、天気が良ければ一段と
光り輝く月が見れるかも知れません。

 

ところが、必ずしも 中秋の名月(旧8月15日)が、 満月の日
になるとは限りません。
それは、月の満ち欠けの周期は、約29.5日と端数が出るため
少しずつずれて、ピッタリ15日目にならないこともあるからです。

 

ですから、

今年の満月は9月28日の午前11時51分とずれています。
しかし、少しは欠けるかも知れませんが、晴れていたら

美しい月を楽しめると思いますよ。

 

 

【美しい月を楽しめる満月の日】 

年  代 中秋の名月(旧8月15日)   満月の日
2013年     9月19日     9月19日 (旧8月15日)
2014年     9月8日      9月9日 (旧8月16日)
2015年      9月27日     9月28日 (旧8月16日)
2016年     9月15日     9月17日 (旧8月17日)
2017年     10月4日     10月6日 (旧8月17日)
2018年     9月24日     9月25日 (旧8月16日)
2019年     9月13日     9月14日 (旧8月16日)
2020年     10月1日     10月2日 (旧8月16日)

 

 

 

そして、お月見には、「十五夜」「十三夜」「十日夜」

の3月見あることを知っていましたか?

 

 

中秋の名月が「十五夜」。

後の月が「十三夜」。十五夜に次いで美しい月

 

そして、

稲の収穫を祝って行われるのが「十日夜(とおかんや)」。

 

 

十日夜とは、お月見が主ではありませんが、旧暦10月10日に

行われる収穫祭で、主に東日本を中心に行われているそうです。

(西日本では旧暦10月や11月に、収穫の行事として、いろいろな

形で行われているようです。)

 

 

昔は、十五夜、十三夜、十日夜の3日間が晴れてお月見が

できると縁起が良いとされていたと言われていたそうです。

 

 

 

この時期、空気が澄んだ夜空に、浮かぶ月は、きっと美しいと思います。
多忙なの暮らしの中でひと時、夜空を見上げてみませんか?

 

秋の夜空に昇る美しい月を眺めると、心がうるおい、

きっと、やさしい・落ち着いた、心静かな気持ちに

なれると思います。

 

 

そして、何より

気持ちにゆとりが出来るのではないでしょうか?

 

 

今年も晴天で美しい月が見られるといいですね!

 

関連記事

 

 

 

1日1回の応援が記事更新の励みになります。


生活・文化 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: