生活、暮らし、健康、ショッピング、

暮らしを楽しく・豊かな生活を送るには。

花粉症と風邪との見分け方

 

s-kafun_a08

日本全国で5人に一人はかかると言われている

季節性の病気「花粉症」。

 

くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目のかゆみ・

最近では皮膚病の症状も現れるようです。

 

でも、花粉症と風邪の症状はとてもよく似ています。

花粉症と風邪との見分け方をご紹介します。

 

 

花粉症は、花粉が目に入ったり皮膚についたり、鼻から入った時に

症状が現れます。

 

くしゃみ・鼻水・鼻詰まりなどのような症状が長引いた場合。

 

その症状が起こった時と場所、どの季節に起こるのかを、知ることで

花粉症と風邪の判断が、ある程度できます。

 

 

花粉症と風邪の違い

症状風邪花粉症
くしゃみ突然に始まり、発作的に
何度も何度も続く
数回でとまる。
鼻水水のようなサラサラした鼻水。
透き通っている。
花粉の季節が終わるまで続く。
始めは、サラサラしているが
だんだんにドロドロになってくる。
鼻づまり夜に強く起こる。
鼻が詰まっているので寝苦しい。
比較的軽い。

 

 

 

「アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎」

またくしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目のかゆみなど

花粉症の症状が似ているものでアレルギーによって起こる

ものがあります。

それは、ホコリ・カビなど他の物質が原因で起こるもので、

アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎があります。

 

花粉症以外のアレルギー性の症状は、季節に関係なく1年中

起こります。

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: