生活、暮らし、健康、ショッピング、

暮らしを楽しく・豊かな生活を送るには。

「花子とアン」の仲間由紀恵の恋人役・中島歩は国木田独歩の玄孫

 

hanako

NHK連続テレビ小説「花子とアン」

(月~土総合 前8:00~8:15) は、

毎日欠かさず見ています。

 

貧しさに負けずひたむきに、明るく生きていく

姿には感動します。

 

 

 

 

出だしのアンの生まれたプリンス・エドワード島から

帽子が風に乗って 飛んで来て山梨にいる、はなのところへ

やって来る・・・ 何か夢があっていいですよね!

 

お母さん役の室井滋さんの一生懸命な演技は、いつも心に残ります。

 

美輪明宏さんのナレーション「ごきげんよう」も、 感情がこもっていて素敵です。

ところで、 最近登場した、仲間由紀恵演じる蓮子の恋人

宮本龍一役の中島歩さんが 小説家・国木田独歩の

玄孫だったこと、知っていました?

 

私は昨日のニュースで始めて知りました。

しかも、名前の「歩」は「独歩」の1字をつけられたそうです。

 

小説家・国木田独歩は、1871/8/30~ 1908/6/23千葉県銚子生まれ。

 

「武蔵野」「牛肉と馬鈴薯」「忘れえぬ人々」「忘れえぬ人々」

などなど、たくさんの著書があります。

 

その玄孫(やしゃご)の中島歩さんは1988年10月生まれ、

日本大学藝術学部文芸学科在学中にモデル活動を始め。

 

2013年、美輪明宏の主演・演出舞台『黒蜥蜴』で俳優デビュー。

約200人ものオーディションの中で、雨宮潤一役に抜てき

されたそうです。

これからの活躍が、楽しみですね。

 

そこで、玄孫(やしゃご)って何代くらいになるのか調べてみました。

 

0     1代    2代      3代      4代

↓      ↓     ↓       ↓       ↓

自分 → 子(こ)→ 孫(まご)→ 曾孫(ひまご) → 玄孫(やしゃご)

という、ことになります。

 

「花子とアン」の主人公 村岡花子さんはルーシー・モード

・モンゴメリの小説『赤毛のアン』を 日本で最初に翻訳した人です。

 

「花子とアン」は村岡恵理(花子の孫)の著書で、村岡花子の評伝

『アンのゆりかご』(新潮社)をドラマ化したものだといわれています。

 

花子の人生の実話、絵本『アンを抱きしめて 村岡花子物語』が大人気です。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: