生活、暮らし、健康、ショッピング、

暮らしを楽しく・豊かな生活を送るには。

熱中症・これだけは知っておきたい熱中症を防ぐ心得

 

sekinen

先日・趣味のガーデニングの最中、めまいが。
「ひょっとして、熱中症か?」
あわてて、家に入り体を冷やしたりしました。
いよいよ夏本番になります。
熱中症にかからないために調べて備忘録として書いてみました。
あなたの参考になれば嬉しいです。

 

 

人気ブログランキングに登録しています。
ポチッと1回、あなたのクリックが
飛び上がるほど、嬉しいです。

ナチュラルライフ ブログランキングへ

 

s-nayami3

 

 

これから暑くなって気をつけなくてはいけないのが

熱中症です。
熱中症は老若男女誰でもなる可能性があります。

 

環境省でも、熱中症にならないように注意を呼びかけています。

→ 環境省熱中症の予防方法と対処方法

 

 

熱中症は、日差しが強く気温や湿度が高く、風が弱い時に、
私たちの身体が適応できないことで起こります。

 

 

例えば、
暑い時期に、沢山の汗をかいた時に水分や塩分が失われ、
体温調節が出来ない時に熱中症になります。

 

 

熱中症になると、立ちくらみや頭がボーっとしたり、
吐き気や頭痛・めまい・手足のしびれを感じる時もあります。
また、意識を失って死に至る場合もあります。

 

 

熱中症は、屋外だけとは限りません。
室内でも、高温多湿な環境の場合は起こります。
室内でも、こまめに冷房をつけたり水分補給をしたり
室内の温度を上げないように適度に調節しましょう。

 

 

 

 

熱中症まとめ
「熱中症」これだけは知っておきたい熱中症を防ぐ心得
熱中症になりやすい環境
・日差しが強い
・気温や湿度が高い
・風が弱い日

 

 

熱中症 かかりやすい人
・下痢などの脱水状態
・寝不足などの体調不良
・高齢者・乳幼児
・スポーツをする人
・外勤や肉体労働をする人

 

 

熱中症のサイン
・めまい・立ちくらみがする
・冷や汗・生あくび
・一過性の意識障害
・吐き気や嘔吐
・手足のけいれん
・筋肉痛・足がつる
・全身の倦怠感
・頭痛

 

 

応急処置として
・涼しい場所に移り、水分補給(塩分が入ったもの)
・身体を冷やす
・休ませる時は頭よりも足を高くしましょう。
・衣服を緩める

 

 

熱中症対策
暑い日に長時間外出には、
・水分補給できるものを持つ。
・帽子・日傘。
・涼しい服装。

 

長時間外出時は時々冷房の効いた所で体を
休めるのも効果的ではないでしょうか。

 

 

この間テレビで見ましたが、熱中症で体を急激に冷やす方法として、
体全体に霧吹きで、水か・アルコールを吹きかけ,扇風機で、冷やす
と急激に冷えるそうです。

 

 

熱中症を防ぐ便利な「熱中症予防用品」はこちら、

→ 熱中症予防 これは便利!熱中症対策お勧めグッズ

 

 

 

 

いつも本当にありがとうございます
ブログランキングに参加中です
↓ ポチッとしていただけるとポイントが入ります

庭・花壇づくり ブログランキングへ

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: